メニュー

髪染め

適切に染めるために

白髪染めは、白髪の量や髪質に合わせて選ぶことが大事です。白髪が少ない場合は、ピンポイントで使用できる筆タイプやスプレータイプの白髪染めがおすすめです。多い場合は、広範囲に使用できて色落ちしにくい2液タイプのものが適しています。髪が傷みやすい場合は、ヘアカラートリートメントの使用がおすすめです。

詳しく見る

髪染め

白髪が気になるという人に

老化現象の一つであり老けて見られる原因となる白髪ですが、美容室で白髪染めを行う場合には数千円から1万円程度の費用が必用となります。もっと格安に行いたいという場合にはカラーリング剤を用意して自分で行うという方法があります。カラーリング剤は一箱数百円程度なので、かなりの格安費用で行うことが出来ます。

詳しく見る

ウーマン

正しいトリートメントを

髪のパサつきに悩んでいるという人の場合には、トリートメント選びが間違っている可能性もあります。アウトバストリートメントを選び、髪のボリュームが多い人はオイルタイプがより奥まで浸透しやすくなります。また、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分が含まれている方がより高い効果を期待することが出来ます。

詳しく見る

婦人

ブラッシングに最適

ブラシにも多くの種類がありますが、プラスチック製のデンマンブラシは使いやすく美容室でもよく採用されています。ブラッシングがしやすいことはもちろん、頭皮にも程よい刺激があり、頭皮マッサージにも役立ちます。ブローの際はストレートヘアーを作りやすく、自然なカールをつけることもできます。

詳しく見る

洗髪

目的で使い分け

ヘアトリートメントには種類が複数あり、髪の悩みに合わせて使い分ける必要があります。髪の乾燥防止のためには保湿成分が配合されたものを、白髪を隠すためには染料が配合されたものを、それぞれ使用するのです。また、スタイリングに使用するヘアトリートメントもあります。髪のうねりを抑え、髪型を長持ちさせるのです。

詳しく見る

日常から取り入れましょう

洗髪

ツヤを保つことができます

ヘアケア剤として人気のアイテムにヘアトリートメントが挙げられます。ヘアトリートメント剤はシャンプー後に塗布をして一定時間おいてから洗い流すタイプとタオルドライの後に塗布するタイプとに分かれます。いずれの場合においても、日常生活でこまめに取り入れることによって髪の艶を保つ働きやキューティクルを保護する働きを感じることができます。また、乾燥の季節にヘアトリートメントを利用することで、静電気から髪を守ることも可能です。ヘアトリートメントは女性に特に人気のアイテムであり、ロングヘアの人には欠かせないケアです。髪の毛を長く伸ばしたい人にとって、髪の美しさを保つことは永遠のテーマになります。伸ばしいている途中は髪の毛が傷みやすく、また、思い通りの長さになったとしても、状態を美しく保つのはとても難しいことなのです。そこで、多くの女性がヘアトリートメントをヘアケアに取り入れているのです。毎日、欠かさずにケアの一部として取り入れることによって、傷みを最小限にとどめて健康な髪を保つことができます。健康な髪の毛であることは、スタイリングがしやすい髪の毛であることにも通じます。傷んだ髪はまとまりがなく、スタイリングがいまいち決まらない場合も多々あるのです。広がりやすい髪の毛や切れ毛や枝毛が目立つ髪はヘアアレンジを行ってもしっくりこないこともあります。髪の毛が長くなればなるほど、ヘアトリートメントは必須のアイテムなのです。