メニュー

適切に染めるために

髪染め

量や質に合わせて

白髪は、市販の白髪染めで手軽に隠すことができます。ただし白髪染めの種類は多く、おすすめと言えるものは、個々の白髪の量や髪質によって異なっています。白髪が少なめの人の場合、筆タイプの白髪染めがおすすめとされています。筆先で白髪が生えている部分をスッと撫でるだけで、染料を白髪に付着させることができるのです。またスプレータイプの白髪染めも、こういった部分白髪を隠すためによく使われています。これもやはり、気になる部分にピンポイントで使用できるのです。逆に白髪が多い人には、2液タイプの白髪染めの使用が適しています。1液には、髪の表面を溶かすアルカリ剤と染料とが配合されています。そのためこれを使うと、白髪の表面が溶けることで、内部に染料が浸透していきます。次に、酸化剤が配合されている2液を使えば、その染料は髪に定着することになります。このタイプの白髪染めでは、一度に広範囲の白髪を染めることができます。なおかつ色落ちしにくいということで、白髪の悩みが深刻な人にほど、使用がおすすめされています。ただし髪がデリケートな人の場合、アルカリ剤で溶かすと傷んでしまうことがあります。そのような場合には、ヘアカラートリートメントの使用がおすすめと言えます。これは、髪を染料で包み込むタイプの白髪染めで、染料に加えて保湿成分も配合されています。そのため使用により、白髪を染めながら、傷みにくい潤った状態にしていくことができるのです。